アロエの不夜城が見事な花を咲かせてくれました!こんな素敵な花なんですね!

アイキャッチ多肉植物不夜城 多肉植物

我が家にいるアロエの不夜城と不夜城錦。
この方たちは玄関付近に住んでおり、ずっと家を見守っていてくれています。お爺さんの世代からあり、いつごろ家に来たのかは分かっていません。もしかしたら数百年生き延びているかもしれません…!?そんなご長寿な二人が、久しぶりに大きな花を咲かせてくれました。
トゲトゲでごつい姿とは裏腹の、かわいらしい立派なお花をご覧ください(#^^#)

花芽が出てきた不夜城たち

アロエ (6)

とげとげが格好いい立派なアロエの不夜城さん。
葉先が紫色っぽいのもエレガントで素敵です。名前も格好いいですね。なんだか中世西洋のダークなお城を思い出します。ヴァンパイアとか住んでいそう…(/ω\) 不夜城の学名はアロエ・ノビリスといい、これまたおしゃれな名前ですね。

野生状態で植え替えを何年もしていない為、今までほとんど花芽を咲かせていませんでした。しかし、今年栄養をあげてみたところ、6月頃に花芽を伸ばし始めたのです。おっきい花芽です。

アロエ (8)

そして、お隣にいる不夜城錦さん。
縦線のせいか、不夜城よりスマートな印象を受けます。白い斑が美しいですね。こちらの方も隣に負けないよう、ぐんぐんと花芽を伸ばしています。栄養の力って凄いですね。

アロエ (7)

成長点部分アップ。多肉植物だと斑入りは身体が弱い子が多いのですが、この不夜城錦さんは違います。直射日光にも台風にも大雪にも耐えてきました。城を守る要塞のように頑丈な子です。

アロエ (5)

立派なお花が咲きました!

アロエ (4)

遂に立派なお花が咲きました!アロエってこんな花なんですね!
アロエの花言葉は「健康」「信頼」「万能」らしいです。昔からアロエは身体に良いとして食用や塗り薬などに活用されてきたので、このようなイメージになったのですね。アロエの花束を送ったら、無病息災になれそうな予感です(*ノωノ)

お二人とも競うように同時に咲いてくれました。全く同じ色のお花です。

アロエ

ジョアンダニエルやボンビシナなどのエケベリアや、断崖の女王シニンギアが鮮やかなオレンジ色の花を咲かせますが、このように鈴なりになって沢山花をつけるのはアロエオンリーですね。花芽の付き方が半端じゃありません。下からウェーブのように順番に咲いていっています。

余談ですが、静岡県伊豆市の白浜の方でアロエの花祭りが毎年開催されているようですね。
キダチアロエを中心に、様々な種のアロエの花が楽しめるそうです。2016年12月~2017年1月にやっていたそうで、今年の12月にもまた行われるかもしれません。気になるから行ってみたいなぁ~(#^^#)

というか、お祭が真冬に開催されていますが、アロエの花って冬に咲くんですかね?(調べてみたら、アロエって12月~3月が開花時期のようです) え、いや、うちの子、6月に咲きましたけど…。あの…不夜城さん、大丈夫なんですか?(”Д”)
ご長寿になれば、そんなの関係ないのかしら?(*ノωノ)

アロエ (3)

本日の不夜城の元気の出るお言葉
「咲きたいときに咲く。それが俺たちのポリシーさ。定型ばかりっていうのもつまらないだろう?」

タイトルとURLをコピーしました