多肉植物の蒼星の葉っぱが大量に取れた!原因不明のバラバラ事件を語ります…。

アイキャッチ多肉植物 多肉植物

朝起きて見たら、グラプトペダルム属の蒼星の葉っぱが取れまくっていました(”Д”;)
1、2枚の話ではなく、ごっそりと半分ぐらいが土に落ちていました。周囲にいた多肉植物に支障はなく、蒼星も蒸れてジュレってしまった様子がありませんでした。
今回は、謎のバラバラ事件について語りたいと思います!

お元気であった頃

蒼星 (2)

買ってきた時はこのようなお姿でした。
真っ白で葉っぱの数も多く、サイズも大きめでとてもイケメンなお姿でした。花芽も順調に伸び、花は二つ咲いてくれました。春に子株を生み、私はこれからすくすくと育ってくれることを確信していました。

しかし……。

蒼星

それがこうなった( ;∀;)

蒼星

ぎゃーー酷すぎる!!(; ゚Д゚)
蒼星君の半分がごっそりと消えてなくなりました(泣)

少し前にも子株がバラバラになってしまう事件がありまして、その時も疑問に思ったのですが、「なんでだろうなぁ…。風が吹いたのかな、鳥がぶつかって取っちゃったのかな?」と勝手に納得してしまいました。
写真右にちょっと突き出ている棒が、子株だったものです( ;∀;)
子株が取れたのは、この事件の前ぶれだったのね…。

こうなった当日、慌てて地元の園芸屋さんへ行って、「急患です!うちの子一体どうなってしまったんですか!?」と訊きました。
すると店長さんもこの症状は始めてだったようで、首をかしげて「なんだろう…。とれた葉は元気そうだし、蒸れてジュレった訳ではないね。成長点部分は蒸れ気味のような気がするけど、こんなのは見たことがないなぁ…。自分の家にある蒼星は外でほぼ放置で育てているけど、元気だからなぁ。グラプトペダルム属は強いと思うよ。うーん、葉っぱを数枚とって様子見するしかないかなぁ」と言ってみえました。
多肉のエキスパートである店長でも分からない現象って、いったいどういう事…!?(”Д”)

その後、色々ネットで調べてみると、グラプトペダルム属で同じ症状が起こった人の記事を発見しました。
その方も葉っぱがごっそりと取れてしまったようで、確かな原因は不明ですが、水のやりすぎが原因ではないかという予想をしていました。なので、グラプトペダルム属は断水気味に育てるのがいいよ、と書かれていました。
私と一緒の現象の方がみえてほっとしましたが、そのような事を始めて知りました…。

蒼星 (2)

まとめ

同じグラプトペダルム属のおぼろ月やブロンズ姫は外で放任気味に育てており、元気に育っています。
蒼星はお気に入りの多肉だったので、遮光や雨避けをして、週に一回水をあげるという過保護なお世話をしていました。放置組の子達より、確実に水が多めだったと思います。他の多肉よりも葉っぱがぷりぷりで、肉厚で可愛いなあと思っていたら、この事件が…(*ノωノ)

5月でも30度近く気温があったので、「うわっ暑い!俺って蒸れる!?葉っぱ取らなきゃいけないかな!?」と蒼星は思ったのかもしれません。園芸店の店長さんも蒼星は外で野生気味に育てていると言ったので、ワイルドな育て方をした方が合っているのかもしれませんね。
これからは水やりを控えてみようと思います。また、取れてしまった葉っぱは全部葉挿しコーナーに置き、芽吹きを気長に待つことにします。

本日の多肉植物、蒼星の元気の出るお言葉
「分からないことって怖いよね。不安で胸がいっぱいになる。でも、それを乗り越えた時、一回り大きく成長できると思うんだ」

タイトルとURLをコピーしました