2017年06月04日


デザインフェスタ (3)

日本最大級のハンドメイド&アートイベント、デザインフェスタへ始めて行ってきました!
デザインフェスタは東京ビッグサイトで5月27日、28日の二日間開催されていました。一万人以上のクリエイターが集まり、ハンドメイド作品を販売したり、パフォーマンスアートをしたり、製作体験をしたり、仮装をしたりします。作品の幅は広く、雑貨、アクセサリー、置物、本、DVD、ポストカード、絵画など、手作りのものなら何でも販売されていました。もちろん、ぬいぐるみや多肉植物、鉢やリメ鉢なども販売されていましたよ!
今回はデザインフェスタへ行った感想と、6名の作家様の素敵な作品をご紹介します♪



   🍃スポンサードリンク 🍃



デザフェスへレッツゴー!


デザインフェスタ (3)

大混雑を覚悟していたので、イベント開始のニ時間前の9時頃に到着しました。
東京ビックサイトは名前の通りビックでした。見た目は故郷の市役所のような感じですが、東京は規模が違いすぎる…。歩いても歩いても端へは付かず、重い荷物を肩にかけてひたすら目的地へ歩きました。(建物内で迷いました(/ω\) )

この時間では思ったより混んでおらず、先頭付近に並ぶことができました。二時間後の11時、遂に開幕です!「走らないでください~!」というスタッフさんの掛け声と共に、中へ入っていきます。その頃には来場者は膨れ上がり、私の後ろは大量の人で溢れていました。

デザインフェスタ (8)

建物の内部はこのような感じです。広い空間に休憩所やブース、ホワイトボード立ち並んでいます。ボードにはクリエイターの方がリアルタイムで絵を描いていました。人でごった返す前に急いで写真をパシャリしました。

デザインフェスタ (9)

ブース内はかわいい作品がたくさんあり、どこを見ようか、何を買おうか迷ってしまいました。どれもクオリティが高く、、「これってどうやって作ったの!?」と思うような作品もあり、ハンドメイドの最高峰だなぁと実感しました。出展者様も気さくな方が多く、気軽に話しかけてきてくれた為、会話が弾みましたよ♪

あと、レストランエリアは人が多すぎて近寄れませんでした(>_<) うっかり昼食を忘れてきてしまい、デザフェス内部では何も食べられず、午後三時に昼ご飯を食べる羽目になってしまいました(汗) コンビニでさえ人だかりができていて、デザインフェスタの恐ろしさを実感しましたよ…。

ブースはA~Gに分けられていたのですが、合計で8500もあり、とてもじゃありませんが回りきれませんでした( ;∀;)4時間かけて見ることができたのは半分ほど。しかも、多くのブースは見ただけの素通り状態でした。時間がないから仕方がないと思いますが、折角ならゆっくりと見たかったなぁ…。もっと楽しい出会いがあったかもしれないのに…。後ろ髪惹かれる思いで、デザフェスを後にしました。

では、私が素敵だなぁと思った、6名の作品の品々をご紹介いたします^^


Atelier 陶ya 様


Atelier 陶ya (3)

多肉植物と陶器の鉢を制作してみえる方。ご夫婦で運営されているそうです。
小人の家や城、遺跡、潜水艦をイメージさせるレトロでオシャレな鉢と、かわいい寄せ植えが販売されていました。陶器は小窓や階段、ポンプなどが付いており一つ一つ丁寧に作られていました。

Atelier 陶ya (2)

これを家に置くと、雰囲気がぐっと良くなりますね♪

Atelier 陶ya

→ Atelier 陶ya 様のHPはこちら♪


Blue Ribbon 様


Blue Ribbon (3)

温かみのある鉢やリメ缶と多肉植物、サボテンなどの雑貨が販売されていました。
南国を思わせる明るい色合いと、近代的なデザインがかわいいです♪

Blue Ribbon

棚にあった毛糸に包まれた多肉ちゃん(#^^#)
カラフルぷくぷくで可愛いです♪ 眺めていると癒されます~♪

Blue Ribbon (2)

→ Blue Ribbon 様のブログはこちら♪


葉ッppyぷらんつ 様


葉ッPPYぷらんつ

こちらの方も多肉植物と陶器の鉢を販売している方です。
お母さんが鉢を作り、娘さんが多肉を寄せ植えしているコラボ商品とのことです。親子で共同制作しているのって、素敵なことですね♪

葉ッPPYぷらんつ (3)

亀さんなどの動物の鉢や、上品で趣きのある鉢が綺麗でした。のんびりな猫ちゃんも上に乗っていて、とても可愛いかったです♪寄せ植えも本当に上手で、多肉植物の生け花のようでした(*^^*) 勉強になります。

葉ッPPYぷらんつ (2)

→ 葉ッppyぷらんつ様のHPはこちら♪


ぜ~んぶ造花 様


ぜ~んぶ造花

出展名から分かるように、ぜ~んぶ造花です(*''Д''*)
いや、本当遠目から見たらまったく分かりませんでした。多肉ちゃんの葉質や色などが忠実に再現してあり、目を近付けてようやく「あ、本当だ…!」と分かるレベルでした。普通の店で売っている多肉の造花よりクオリティが高いように思えました。

多肉植物はデリケートな子が多いので、日光の強さや水の量で枯れてしまう場合がありますが、造花ならそんな心配は無用。日陰の机の上に置いても、暑い玄関先に置いても大丈夫です\(^o^)/

ぜ~んぶ造花 (2)

→ ぜ~んぶ造花様のブログはこちら


小峰玩具 様


小峰玩具

栃木県にある創業60周年以上にもなるぬいぐるみメーカー様。
企業様と見受けられるブースも数多くありました。普通のぬいぐるみ屋さんとは違い、ちょっと変わったものが販売されていました。うさぎさんやニワトリさんだけではなく、チキンさんや恐竜、ダンゴムシ、目玉まで…。

小峰玩具 (3)

中でもダンゴムシさんの可愛さは半端なかったです!(#^^#)
ころころふわふわで、つぶらな瞳がたまりません♪

小峰玩具 (2)

→ 小峰玩具様のHPはこちら♪


縫包堂 様


縫包堂

こちらは個人でぬいぐるみを作られて販売されていました。
素敵な作品ばかりでしたが、中でも可愛かったのがハシビロコウとダンゴムシのぬいぐるみ。サイズも大きく、ふかふかで抱き心地がよかったです♪ 足などの縫製も細かくて、どうやって縫ったんだろう~、と尊敬します。

縫包堂 (2)

→ 縫包堂様へのご連絡はこちら


まとめ


デザインフェスタは大人の文化祭と言った感じで、皆の熱意、エネルギーをいっぱい浴びさせていただきました。後日身体は筋肉痛になりましたが、とても楽しく、思い出の残る東京旅行となりました!今年は夏と冬の二回まだやるので、冬当たりにまた行ってみたいなぁ~と考えています。でも、東京までが遠いんです…(´・ω・`) 田舎暮らしなので…。
よし、頑張ってお金を貯めるぞ!

→ デザインフェスタの公式HPはこちら


本日の元気の出るお言葉
「身近にあるものは全て誰かの手作り。名も知らない人が頑張って生み出したもの。優しく触れれば、手の温もりが感じられるよ」





  🍃スポンサードリンク🍃



コメントする

名前
 
  絵文字