2017年04月01日


野ばらの精 -

 この真ん中の成長点が美しい子は、エケベリア属の「野ばらの精」です。
 ザラゴーサとも呼ばれているので、購入の際は要注意です。「違う子かと思ったら、同じ子じゃん!」ということが多肉植物では結構あります。ピンクの爪が上品でかわいらしい野ばらの精と、貴婦人のような真っ白な姿のエレガンスと、きゅっと締まったキュートな静夜のお姿をご覧ください♪



   🍃スポンサードリンク 🍃



野ばらの精 (ザラゴーサ)


野ばらの精2

肉厚で、とっても姿の美しい野ばらの精。エケベリア属は多肉の中で人気が特に高いのが頷けます。
夏にも冬にもそこそこ強いとされており、うちは雨の当たらない軒下に置かれています。真冬はさすがに風通しのいい室内にいました。花芽が出てきたので、お花が咲くのが楽しみ♪

野ばらの精



エレガンス


エレガンス

白く半透明で、すりガラスのような美しさのエレガンス。微かに青がかかった半透明の葉。その姿は、塔に幽閉された美しき姫君のよう…。(笑)
通販では「月影」とも紹介されていました。みんなが写したエレガンスの写真を見ると葉や色が異なっており、さまざまなタイプがあるみたいですね。色々なタイプのエレガンス系の子がいて、奥深さを感じました。
うちは二人エレガンスがいるのですが、冬でもあまり紅葉しなかったので、普通のエレガンスさんかな?

エレガンス (2)

真ん中の透明なけぱけぱは一体なんでしょう。脱皮?気にはなっていても、そのままにしてあります。成長点が横につぶれ気味になっているので、真ん丸になって欲しいなぁ。
横に何気なくクローバーが映ってしまいました。どこまでもメルヘンなエレガンスさんでした(笑)

エレガンス (3)



静夜 (せいや)


静夜

とっても形が綺麗で、肉厚の葉が可愛らしい静夜ちゃん。
野ばらの精より緑がかっていて、小型の多肉植物です。この子は小さい時は超かわいいんですが、間延びしやすく、どんどん縦にびろーんと伸びていってしまいます。そんな時は伸びきった部分をカットして、乾かさずに土に乗せると、またこのような可愛い子供になります。と、店員さんが言っていました。
ですが、私はまだ体験していません…。多肉を横にちょんぱするなんて、私にできるかしら(''Д'')恐い。

静夜 (2)


本日の多肉植物たちの元気の出るお言葉
「背筋を伸ばして前を見て、にっこりと笑顔を浮かべる。そうすればほら、とっても素敵。もっと綺麗になれるんだ」



  🍃スポンサードリンク🍃
このエントリーをはてなブックマークに追加





コメントする

名前
 
  絵文字