2017年04月23日


南十字星 -

このお星さまの形の多肉植物は、クラッスラ属の南十字星です。
元は白ベースに緑の線といった感じですが、ほんのり紅葉しているのでより可愛い色になっています。塔のように縦にどんどんと伸びていくタイプの子で、葉っぱの脇から子供が出てきます。また、横に真っ二つに切って挿しても、根が付いてきますよ~。
今回はお星さんタイプの多肉植物、南十字星、ルペストリス、星乙女、舞乙女のびよーんと長いお姿をご覧ください♪

続きを読む

2017年04月22日


宿根キンギョソウ -

この蕾が付いた毛が生えた葉っぱの子は、宿根キンギョソウです。
キンギョソウはプランターや鉢で植えられる定番のお花ですが、このようなもふもふの子は見たことがなかったので、あっという間に一目ぼれしてしまい、去年の秋ごろに小さいポットで購入しました。大きめの鉢に植え替えたところみるみる大きくなり、冬も無事に越し(雪の日も耐えました!)、春になってピンクのかわいい花を咲かせたのでご紹介します♪
お家にいる他のキンギョソウさんも綺麗だったので、この子たちも写真を撮りました~^^

続きを読む

2017年04月20日


ヒントニー (2) -

こちらの子はセダム属のヒントニーちゃん。
もふもふな毛が魅力的で、できるなら「可愛い~!」と頬ずりをしたいほどです(笑)人気が高いのかなかなか店では出回っていませんので、ちょっとレアな子です。
冬型多肉なので夏の直射日光には気を付けて、風通しを良くします。冬は霜にはあてないようにしましょう。春と秋の時期なら水と日光をあげるとすくすくと元気に育っていくと思います。
セダムのヒントニー、玉つづり、ホワイトストーンクロプ、デロスペルマ属の雷童のぷくぷくした姿をご紹介します♪

続きを読む

2017年04月19日


セダムクーペリー

クラッスラ属であるはずの多肉植物クーペリーが、セダムとして販売されていました。しかも、通常のクーペリーよりも葉っぱのサイズが大きめです。セダム属のクーペリーなのか、それとも…!
その真実やいかに!?

続きを読む

2017年04月18日


深海魚ぬいぐるみ -

深海魚(生物)は、200メートル以上の深さの海に住む生物たちのことを指します。
現在、日本では密かに深海魚ブームが起こっています。静岡に深海魚専門の水族館、沼津港深海水族館ができたり、各地の水族館で深海魚を取り扱ったりしています。かくなる私も深海魚が大好きで、こつこつと深海魚のぬいぐるみを集めてきました。深海魚は不思議であったりキモかわいかったりするのですが、ぬいぐるみはふかふかもこもこしていて可愛い姿のものばかりです。
今回はかるーい深海魚のうんちくを語りながら、かわいい9種類のぬいぐるみをご紹介していきます!^^

続きを読む

2017年04月17日


スケイポサス (2) -

こちらの白い多肉植物は、セネシオ属のスケイポサスさんです。
葉の色が白という訳ではなく、白い和紙のようなふかふかな毛が緑の葉っぱに巻き付いています。なので、ぺたぺたと触ると色が剝がれてしまうので、優しく扱いましょう。細長い棒状の葉っぱがにょきにょき伸びてきますので、増えたら株分けで増やせますよ~。残念ながら葉差しをすることは難しいです。
セネシオ属のスケイポサス、七宝樹、シノクラッスラ属のスマロの、ぷくぷくで神秘的なお姿をご覧ください♪

続きを読む

2017年04月16日


スプリングワンダー (2) -

こちらのぷくぷくけもけもした多肉は、セダム属のスプリングワンダーです。
セダムなのでスモールな感じですが、そのかわいさはピカいち級で、個人的大好きランキング上位を誇っています。暖かくなってきたので少し色が褪せてしまいましたが、寒い時期になると葉裏がピンクに紅葉してもっと可愛くなりますよ~(#^^#)触るとふかふかしていて気持ちいいので、目にも触感にも二度おいしい!
ぷくぷくきゃわわのセダム、スプリングワンダー、プロリフェラ、斑入りパリダムをご覧ください♪

続きを読む

2017年04月14日


かわいいクッキー

本日、クッキーを作ってみました!
普通のクッキーではありません。人気急上昇中の不思議な鳥「ハシビロコウ」、パスポートの可愛いぬいぐるみ「はんなり豆腐」、サンエックスのサンショウウオっぽい「なごみまくり」をかたどったクッキーを作ってみたんです!行き当たりばったりのクッキングでしたが、思ったより上手くできました♪
早速、作り方と詳細を見ていきましょう(#^^#)

続きを読む

2017年04月12日


オハイオアン (2) -

こちらの多肉植物はセンペルビウム属のオハイアンです。
薄くて硬めの葉はしっかりとしており、綺麗なグラデーションがついています。多肉植物は夏の蒸れに弱い子が多いのですが、この属は特に弱いです。暑い日の昼に水をあげたら、次の日には「あれ、色が変!」となって、あっという間に溶けてしまいます。暑い日は風通しを良くし、ほとんど断水か、水をあげる時は涼しくなった夕方にあげてください。
センペルビウム属のオハイオアン、シャンハイローズ、巻絹の赤ちゃん、さらにおまけでイワレンゲ属の爪蓮華の赤ちゃんをご覧ください♪ なお、写真の調子がちょっと変で、色が褪せてしまって見えるのでご了承下さい(´・ω・`) 本当はもう少し鮮やかです!

続きを読む


ブルーバード (3) -

 こちらの多肉植物はエケベリア属のブルーバードです。
 薄い青色の色と堂々とした形が格好良く、多肉好きな方に人気のある品種です。リーズナブルな多肉に比べれば、それなりのお値段がしますが、「この子を買うなら安い買い物よ!」と思える美しさになっております。週一おきの水と、風通しの良さと蒸れに気を付けていれば、すくすくと育って大きい株になってくれると思います。しかし、夏の暑さは大敵です!
 今回はエケベリア属のブルーバード、チワワエンシス、ディフラクテンスの華麗なるお姿をご覧ください♪

続きを読む

2017年04月11日


つくし卵とじ -

春の風物詩の山菜、つくし。
土手や野原で取ってきたり、買ってきたりしたら、せっかくなら美味しく料理したいですよね!つくしと言えば、やっぱり一番は純和風のつくしの卵とじ。つくしの繊維がほろほろの卵にからんでとても美味しいです!
我が家の素朴な「つくしの卵とじ」のレシピをお伝えしたいと思います♪

続きを読む


サンシモン (2) -

こちらの多肉植物はアエオニウム属の「黒法師」さんです!
アエオニウム属の代表格の存在で、サンシモンとも呼ばれています。育てやすく入手しやすい為、多肉初心者の方でも安心してお世話をすることができます。背の高くなる品種で、可愛がって育てればすくすくと大きくなり、様々な形を見せてくれますので育てがいがあります。また、黒法師系はたくさんの色違いの種類があり、そろえるのが楽しくなってしまいます。
通常の黒法師、綴化(てっか)している黒法師、ブラックな真黒法師、線が入るまだら黒法師、緑色のカナリエンシス、超大型のカシミアバイオレットの、計6種類の格好いい姿をご覧ください♪

続きを読む

2017年04月09日


乙女心 (2) -

この多肉植物はセダム属の乙女心です。
先っちょがピンク色でぷくぷくとしており、正に乙女の淡い心中を体現したかのような、とてもかわいらしい多肉です。種類にもよりますが、セダム属は小さくてかわいらしい姿のものが多く、寄せ植えのサポート役としてとても人気があります。今回は乙女心、虹の玉、アルブムヒレブランディ、ブルービーンの姿をご紹介します♪

続きを読む

2017年04月08日


とうふ - コピー

お気に入りのぬいぐるみは、年月が経つにつれてどうしても汚れてきてしまいます。
手の油やほこりなどが付いてしまい、黒ずんできてしまいますよね。私も大事にしているはんなり豆腐のぬいぐるみが汚くなってしまい、家にあった洗剤と柔軟剤をつけて手洗いをしたのですが、悲しいことに毛足がごわごわして、綿がぎゅむぎゅむしてしまいました。更に綿が分裂して顔がぼこぼこに…。ふかふかの手触りが大好きだったので、とてもショックでした。

そこで色々調べてみて、ぬいぐるみに合う柔軟剤を探して試してみました。すると…!
ふわふわ、もこもこの手触りが戻ったのです!今回は私が使った洗剤と柔軟剤を紹介したいと思います♪

続きを読む

2017年04月06日


アンチドルカツム (2) -

こちらの子はアドロミスクス属のアンチドルカツムです。
灰色の細長い突起に、紫のぶつぶつが沢山ついている超個性的な多肉植物です。名前もへんてこで、最初知った時は「あどみくすくすの、あんつむつむだってー?」と訳が分かりませんでした(笑)今でも全く覚えられないので、アドロとか、ぶちぶちとか、ぶちつむとか呼んでいます。
アドロミスクス属の「アンチドルカツム」と「松虫」のちょっとキモカワな奇抜なお姿をご覧ください♪

続きを読む