2017年07月12日


銀葉錦 (2) -

こちらの多肉植物はコチレドン属の銀波錦です。
ぷっくりとした葉の先はひらひらっとしており、白い粉をふいている、とっても綺麗な多肉です。違う多肉を求めて店へ行ったのですが、一目惚れをして狩ってしまいました。私はぶちぶちした模様のと、白いのに弱いんです…(*ノωノ)
うちにいる多肉は、いつの間にか150種以上になってしまいまいた。これはいかん、と思いつつも誘惑に負けて狩ってしまうのだろうなぁ…。多肉中毒は治りません。
今回は、うちわみたいにぷっくりとした葉の四種の多肉植物、コチレドン属の銀波錦、ティンカーベル、アドロミスクス属の天錦章、永楽のお姿をご覧ください♪




   🍃スポンサードリンク 🍃



銀波錦 (ぎんぱにしき)


銀葉錦 (2)

名前には「錦」とありますが、斑入りのタイプではないようです。じゃあ銀波という品種はないんですね。ちょっと残念かも…。
春と秋のぽかぽかと暖かい日は風通しのいい日光の当たる場所に置き、夏の暑い日には遮光をします。我が家では日当たりのある車庫の中に置いてあり、すだれで日光を制限しています。冬はマイナス1~2度くらいまでなら耐え、霜OKと書かれていましたが、私は怖くて霜の当たる場所には置かないと思います。

真ん中の葉っぱがシャコガイみたいで可愛いですね(#^^#)
もしかして真珠が隠されているかも…!?

銀葉錦



ティンカーベル


ティンカーベル

ピーターパンの妖精さんから名付けられたと思われる、ティンカーベルさん。
ぷっくりとした葉っぱに、赤い葉先が可愛らしいです。同じ属のペンデンスのうちわ型バージョンと言った感じです。ティンカーベルの名前にふさわしい、かわいいベルのような形をしたピンク色の花を咲かせます。(まだ私は咲かせたことがありませんが…)
コチレドン属は成長が遅いので、気長に花を待つことにします(*'ω'*)

ティンカーベル (2)




天錦章 (てんきしょう)


天錦章

ぷっくり葉っぱとぶちぶちの柄がきもかわいい天錦章さん。
こちらの子も錦と付いていますが、斑入りではなさそうです。銀波錦の色違いだと思っていたら、違う種でした。アドロミスクス属とコチレドン属の多肉は似ているものがありますね。育て方としても、種類ごとの違いはあってもよく似ているようです。親戚同士なのでしょうか?

また、同じアドロミスクス属で「神想曲」という種もこの子にそっくりです。天錦章が真緑になった感じ。神想曲は名前が格好良いので、凄く気になったのですが、手に多肉をいっぱい持っていた為に今回は見送りました。

この模様、ふっくらさ、先っぽの波々感。不思議ですね~植物に見えません(/ω\)

天錦章 (2)



永楽


永楽

こちらも上記の方々にそっくりさんの永楽さん。
クリステイタス、天章とも呼ばれているようです。あれ、天章と呼ばれているなら、上の天錦章とほぼ同じ種??いや、永楽の斑入りが天錦章ではないと思う…と、思う…。多肉ってよく分からないですね( ;∀;)

気を取り直して、産毛と、手招きしているかのようなぷっくりとした葉っぱ、もしゃっと茎から生えている根。全部がかわいいですね~(#^^#) 産毛があるので、ちょっとほっそりして爪が波になった熊童子にも見えますね。この「おてて差し出しているアングル」がたまりません(*ノωノ)

この子を見つめていると、ずーっと楽しい気持ちになれますよ~♪
だから永楽なんですね!(?)

永楽 (2)

本日の多肉植物の元気の出るお言葉
「他人なんていないんだ。みんなどこかで繋がっているよ。ずーっとさかのぼれば、地球の裏側の人でも親戚なんだ」


  🍃スポンサードリンク🍃
このエントリーをはてなブックマークに追加





コメントする

名前
 
  絵文字