2017年04月23日


南十字星 -

このお星さまの形の多肉植物は、クラッスラ属の南十字星です。
元は白ベースに緑の線といった感じですが、ほんのり紅葉しているのでより可愛い色になっています。塔のように縦にどんどんと伸びていくタイプの子で、葉っぱの脇から子供が出てきます。また、横に真っ二つに切って挿しても、根が付いてきますよ~。
今回はお星さんタイプの多肉植物、南十字星、ルペストリス、星乙女、舞乙女のびよーんと長いお姿をご覧ください♪



   🍃スポンサードリンク 🍃



南十字星


南十字星 (2)

色と形がとっても可愛い南十字星。
サザンクロス!な感じで格好いい名前ですよね♪ クラッスラ属は比較的強い子が多いので、夏の蒸れと冬の霜さえ気を付けていれば、元気に育ってくれると思います。

南十字星

冬の寒い間ですと、より紅葉してピンクが強くなります。
白い姿もかわいいですが、ピンク色も素敵ですね~。中心部分も染まってる(#^^#)

南十字星 (3)



ルペストリス


ルペストリス (2)

西洋的な名前と、大人の女性を思わせる上品なルペストリスさん。
周りの赤いふちがおしゃれです。この子は頭がぷっちりと切れた状態で売られていて、ちゃんと頭が出てくるのかな~と心配していましたが、時間をかけながらちゃんと綺麗な姿になりました。多肉の生命力恐るべしです。でも、一つの身体で二つの顔になってしまいました~(^^;)

よーく見ると、葉っぱの周りに細かい毛が生えているんですね。本当に均整の取れた、美しい形をしていますよね。私もこんなオシャレな姿になりたいなぁ~←ぇ

ルペストリス



星乙女


星乙女

こちらはよりスターに近い形をした、星乙女さんです!
乙女という名前がついていますが、この子はルペストリスさんと違い、紫が強くてちょっと一癖ありそうな姿をしています。大人の階段をたくさん登っていそうです(笑)

同じクラッスラ属の星タイプといっても、色や葉っぱの形が全然違うから面白いですよね。似たようなタイプだけど、ちょっとずつ特徴が違うからコレクションしたくなるんですよね~。そして、多肉の沼から抜け出せない状況になりました♪^^


星乙女 (2)



舞乙女 (数珠姫)


舞乙女

真ん丸ぷくぷくが連なっている舞乙女さんは、数珠姫とも呼ばれています。
上に伸びながらだんだんと横に倒れてきてしまうタイプなのですが、なんだか横倒しも可哀想だから札で支えてあげています(笑)脇から子供が出て来たので、その子が大きくなったら親御さんは横を向けて、子供が土に触るようにしてあげた方が良いのかな?

舞乙女さんはオカメさんのように福々しい顔をしていますね~。星形タイプの多くの子には、葉っぱの先っちょにちっちゃいぷつぷつが付いているんですね。アップ写真を撮るまで気付きませんでした。
育つまでにかなり時間のかかる子ですが、気長に成長を見守りたいと思います^^

舞乙女 (2)

本日の多肉植物の元気の出るお言葉
「何かをやり始めたら、とことんやってみよう!どんなことでも諦めずに続けていれば、誰よりも詳しくなっていると思うよ」



  🍃スポンサードリンク🍃
このエントリーをはてなブックマークに追加





コメントする

名前
 
  絵文字