2017年04月12日


オハイオアン (2) -

こちらの多肉植物はセンペルビウム属のオハイアンです。
薄くて硬めの葉はしっかりとしており、綺麗なグラデーションがついています。多肉植物は夏の蒸れに弱い子が多いのですが、この属は特に弱いです。暑い日の昼に水をあげたら、次の日には「あれ、色が変!」となって、あっという間に溶けてしまいます。暑い日は風通しを良くし、ほとんど断水か、水をあげる時は涼しくなった夕方にあげてください。
センペルビウム属のオハイオアン、シャンハイローズ、巻絹の赤ちゃん、さらにおまけでイワレンゲ属の爪蓮華の赤ちゃんをご覧ください♪ なお、写真の調子がちょっと変で、色が褪せてしまって見えるのでご了承下さい(´・ω・`) 本当はもう少し鮮やかです!



   🍃スポンサードリンク 🍃



オハイアン


オハイオアン (2)

オハイオアンと聞くと「ハワイアーン♪」と勝手に脳内変換して、フラダンスを踊っているお姉さんを想像してしまいます。それって私だけ!?
アメリカにオハイオ州ってところがあるから、そこが原産なんでしょうかね。オハイオ産。なんちゃって(/ω\) ←ぇ

ぎゅっと締まって形がお星さまのようになっている真ん中。紫色が綺麗ですし、葉っぱの先についた産毛がキュートです。

オハイオアン



シャンハイローズ


シャンハイローズ

オハイオアンと似ていますが、よく見ると葉っぱの形や色がちょっと違うシャンハイローズ。この子は中国の上海で生まれたのでしょうかね。それか、上海の薔薇のように美しいからその名前が付いたんでしょうか。

紫色の筋が口紅のようで、チャイナ服を着ているお姉様のようにセクシーにみえます。でも、中心部分は見れば見るほど紫キャベツに見えてきてしまいます(笑)

シャンハイローズ (2)



巻絹


巻絹

体いっぱいに細長いランナーを伸ばす、巻絹の赤ちゃんです!
中心部分はもこもことしてきて、左側の子は四つランナーが出てきました(#^^#) かわいい♪

去年の秋頃に巻絹の親御さんを買ったのですが、今年の夏の暑さにやられて溶かしてしまいました…(;ω;) 色が黒ずみ、厚みを失くしてゆく巻絹。本当にショックです(/ω\)
ですが、ランナーから伸びた子供たちは親の意志を継ぎ、すくすくと成長しております。頑張って夏を乗り越えれば、秋には立派な大人になれるかな。すくすく頑張れ!

巻絹 (2)



爪蓮華


爪蓮華 (2)

こちらイワレンゲ属の爪蓮華さん。
属は違いますが、見た目が巻絹に似ていてかわいかったので一緒に載せました♪ なんだか細胞とかウイルスとかミクロの存在に見えてしまうような。右側のちみっこい子が爪蓮華の生まれたての子供で、左側が少し成長したお兄ちゃんです(#^^#)

勤務先で雑草のように扱われていた爪蓮華を分けていただき、写真はその子供です。イワレンゲという属だからか、暑さにも寒さにも強く、ちょっとやそっとでは枯れません。むしろ土と水さえあれば放っておいても増えると思います。その点ではセンペルビウムと真逆の存在。

爪蓮華は育つにつれて、ギャップが凄くなります。
この子はこのまま大きくなってゆき、周りに爪みたいなとぎった感じの葉っぱがぶしゃあぁ!っと付きます。それから真ん中の子は縦にひたすら伸びていき、葉っぱの隙間にいっぱい花芽が付きます。そして親株は生を終えてしまい、びっしりと子株を作るのです。

赤ちゃんのような可愛い姿とは裏腹に、とても豪快でインパクトのある一生を送る爪蓮華。親は一年で枯れてしまいますが、その後子供を10ヶ以上作るので、お世話が大変になりますよ~(笑)

爪蓮華

本日の多肉植物の元気の出るお言葉
「体が弱い子だって、強い子だっているさ。それはしょうがないよ。でもね、みんな楽しく遊ぶ権利は持っていると思うんだ」





  🍃スポンサードリンク🍃



コメントする

名前
 
  絵文字