2017年04月12日


ブルーバード (3) -

 こちらの多肉植物はエケベリア属のブルーバードです。
 薄い青色の色と堂々とした形が格好良く、多肉好きな方に人気のある品種です。リーズナブルな多肉に比べれば、それなりのお値段がしますが、「この子を買うなら安い買い物よ!」と思える美しさになっております。週一おきの水と、風通しの良さと蒸れに気を付けていれば、すくすくと育って大きい株になってくれると思います。しかし、夏の暑さは大敵です!
 今回はエケベリア属のブルーバード、チワワエンシス、ディフラクテンスの華麗なるお姿をご覧ください♪



   🍃スポンサードリンク 🍃



ブルーバード



ブルーバード (2)

寒い日は紫がかっていて、「あんまりブルーじゃないなぁ」と思っていましたが、暖かくなるにつれて透き通ったシルバーブルーになってきました。やっぱりブルーバードは爽やかイケメンですね!雨に濡れると色がはげてしまうので、なるべく雨に当たらないようにしましょう。また、過度に触っても色はげが起きてしまいます。

下の子がブルーバードの赤ちゃん。春だからか、あっという間に写真以上に大きくなりました。親御さんのように大きく立派になって欲しいです!

ブルーバード

青い鳥はメーテルリンクの戯曲「青い鳥」を由来にして、「幸福の象徴」とされています。なので、ブルーバードという単語は車や歌など、様々なところで使われています。
このブルーバードも幸福を呼んでくれそうです♪

ブルーバード (3)



チワワエンシス



チワワエンシス (2)

チワワのような可愛さのチワワエンシス♪
二株がぎゅっと隣り合って販売されていた為、ちょっとだけ葉っぱの形がへんてこりんです。チワワの魅力は爪以上に広がるピンクの色と、肉厚の葉ですよね~。きゃわいい♪(#^^#)

チワワエンシス


ディフラクテンス



ディフラフテンス (2)

ディフラフテンスという名前で販売されていましたが、検索しても出てこなかったので、ディファレクテンスかなぁと思います。それでもほとんど検索には出てこなかったので、なんか名前違うかも…?
もしかして新種!? それかハイブリッド!?誰か知っている人がいたら教えて~!
(追記)
よーく読んだらディフラクテンスでした(笑)その名前で検索したらたくさん出てきました。多肉の名前難しい~!

高級品の布地のような、綺麗な紫のお姿。葉っぱの形も尖っていて素敵です!結婚式に頭か胸にコサージュとして付けていても、違和感がありません!←ぇ
また、子供もいっぱい生まれるので、育てていて楽しい子です^^

ディフラフテンス

本日の多肉植物の元気の出るお言葉
「気分が落ち込んでいる時にこそ、ちょっとだけオシャレをしてみよう。心が軽くなって、小さな幸せが顔をのぞかせるかもしれないから」





  🍃スポンサードリンク🍃



コメントする

名前
 
  絵文字