2017年04月11日


サンシモン (2) -

こちらの多肉植物はアエオニウム属の「黒法師」さんです!
アエオニウム属の代表格の存在で、サンシモンとも呼ばれています。育てやすく入手しやすい為、多肉初心者の方でも安心してお世話をすることができます。背の高くなる品種で、可愛がって育てればすくすくと大きくなり、様々な形を見せてくれますので育てがいがあります。また、黒法師系はたくさんの色違いの種類があり、そろえるのが楽しくなってしまいます。
通常の黒法師、綴化(てっか)している黒法師、ブラックな真黒法師、線が入るまだら黒法師、緑色のカナリエンシス、超大型のカシミアバイオレットの、計6種類の格好いい姿をご覧ください♪



   🍃スポンサードリンク 🍃



黒法師



サンシモン (2)

家に大量にいる黒法師さん。
他の方からいただいている内に、わさわさと増えていきました。黒法師という名前って格好いいですよね。落ち着いたたたずまいが僧侶に似ているからでしょうか。庭先に置いておいたら、ご利益があって福が寄って来そうですね(笑)

黒法師はまたの名前をサンシモンと言います。私は中学校の時の職場体験で、多肉植物の栽培農家さんのお手伝いに行きました。その時に聴いたサンシモンという名前の由来を、いまだに覚えています。
「夏の太陽にも冬の霜にも強いから、そういう名前が付いたんだ。あと、カタカナの名前で売った方が格好良く感じるからよく売れるんだよ」とも言っていました。なるほど!です。
だから和名ではなくカタカナで販売されている多肉もいるですね。ハムシ―と花の司、みどり牡丹とニクサーサとか。

黒法師さんの中心綺麗です。時期や温度によって色々な色を見せるのも、アエオニウム属の魅力ですよね。

サンシモン



黒法師 (綴化)


黒法師(綴化)

うちにいる黒法師の一つをよーく見ていたら、茎の周りからわさわさと小さいのが生えていました。他とちょっと違う…。んーこれって…。

綴化タイプじゃん!!(''Д'')
全然気付きませんでした。わちゃわちゃ感はサンバーストと比べてあまりないけれど、家にも黒法師の綴化タイプがいたんだ~。ちょっと得した気分です(#^^#)
早速良い鉢に植え替えて、日当たりのあるプレミアムな場所へ置かれました。他の黒法師からブーイングが起こりそうですが、諸君、人生とはそんなものですよ…。←ぇ

黒法師(綴化) (2)




真黒法師



真黒法師 (2)

園芸屋さんで「黒法師」として、普通に販売されていた子。
この子を見て、「なんか違う。他の黒法師より黒いんですけど?」と思い、ネットで真黒法師のことは知っていたので「もしかしたら、これは真黒法師かもしれない!!」と直感しました。

店員さんに聞いてみたら「環境や温度によっても色が変わるからちょっと分からないけど、農家さんによっては交雑が進んでいたり、名前を間違えて納品することがあるかもしれないね。カシミアバイオレットを黒法師として販売する酷い農家さんも中にはいるんだよ」と教えていただきました。

カシミアバイオレットと言ったら、黒法師より大きくなるリッチな子じゃないですか!(''Д'')
農家さんもたまには間違えるんですね~…。でも、この子は本当に真黒法師なのか分かりません。私は賭けに出て、購入することにしました。黒法師の値段で購入して真黒法師だったら、とてもお得じゃないですか~~( *´艸`)ぐふふふ… ←不吉な笑い

お家に帰って通常の黒法師と比べてみたら、やはりこの子は違います。色がブラックです。漆黒です。写真を見比べると、やはり色が違いますよね!?

私は、あなたを真黒法師と信じている(`・ω・´)

後は環境の変化によって色が変わらないことを祈るだけです。また成長して結果が分かり次第、更新したいと思います^^
あなたの持っている黒法師さんも、もしかしたら違う品種かもしれませんよ…。

真黒法師



まだら黒法師


まだら黒法師

JAで購入したまだら黒法師さん。
この子は違う品種だ!という事はないと思いますが、この子はまだまだ赤ちゃんで、はじめて育てるのでどうなるかは未知数です。今は薄い模様がどんどん濃くなってまだらになっていくと思うと、とても楽しみです(#^^#)

ほんのり先っちょがピンクがかっています。優しい色合いが素敵♪

まだら黒法師 (2)



カナリエンシス



カナリエンシス (2)

黒法師の真緑バージョンと言った感じのカナリエンシスさん。紫系も好きですが、緑色なのもシンプルで素敵。
ふと疑問に思ったのですが、名前の語尾のエンシスという言葉。チワワエンシス、キューエンシスなど、「エンシス ensis 」という言葉が多肉によく付いていますが、どういう意味なのでしょう。

私のなけなしの検索力で調べてみました。「ensis」という意味は、場所を表すという意味と、剣という意味の二種類がありました。どちらが正しいかは分かりませんが、個人的にはこの子が剣っぽい形をしているので、剣かなぁと思っております。
カナリの意味はかなり分かりません!←ww

カナリエンシス



カシミアバイオレット



カシミアバイオレット

大型多肉になるカシミアバイオレットさん。
買ってきた時は「ん?黒法師と一緒かな?」と思うレベルでした。この子の方がちょっと明るめの紫かな~と思うくらいで、これは黒法師だよ、と言われても信じてしまいそうです。
ですが、日にちが経つにつれてどんどん大きくなっていき、今では私の顔ほどの大きさがあります。大型種の名に恥じない大きさになって、とても嬉しい!
色もバイオレットで綺麗だし、もっと大きくなっていって欲しいです!(#^^#)

カシミアバイオレット (2)

カシミアさんも季節によってこんなに色が変わりますよ~。色の変化の具合はどうやって決めるんでしょう。多肉さんミステリー。
紫と緑のグラデーションが綺麗です♪

カシミアバイオレット

本日の多肉植物の元気の出るお言葉
「お出迎えした時はどんぐりの背比べ。でもね、見ててね。来年はあっと驚くくらいにまで立派になってあげるから」





  🍃スポンサードリンク🍃



コメントする

名前
 
  絵文字