2017年04月08日


とうふ - コピー

お気に入りのぬいぐるみは、年月が経つにつれてどうしても汚れてきてしまいます。
手の油やほこりなどが付いてしまい、黒ずんできてしまいますよね。私も大事にしているはんなり豆腐のぬいぐるみが汚くなってしまい、家にあった洗剤と柔軟剤をつけて手洗いをしたのですが、悲しいことに毛足がごわごわして、綿がぎゅむぎゅむしてしまいました。更に綿が分裂して顔がぼこぼこに…。ふかふかの手触りが大好きだったので、とてもショックでした。

そこで色々調べてみて、ぬいぐるみに合う柔軟剤を探して試してみました。すると…!
ふわふわ、もこもこの手触りが戻ったのです!今回は私が使った洗剤と柔軟剤を紹介したいと思います♪



   🍃スポンサードリンク 🍃



こういった子をお風呂に入れています



とうふ

なごみまくり

我が家のぬいぐるみは中古のお店で購入か、フリマアプリで譲っていただいたものが多いので、よくお風呂に入れています。こういったぬいぐるみは毛足と綿のふかふかさが命なので、洗った後もその触感を保ちたいですよね。柔軟剤に失敗すると、綿が塊になってぎゅむぎゅむ触感になってしまいます…。

(なお、はんなり豆腐プレミアムは洗濯不可となっていますので、手洗いはしておりません。お家のぬいぐるみが洗濯可能かどうか必ず確認お願いします。洗濯不可の場合は、濡れた布で汚れた部分を優しく拭き取ってあげるといいと思います)


洗剤 (任意でOK)



アクロン

LION製品のアクロン。手洗い用の中性洗剤です。こちらは家にあったものを使用しておりますので、他の製品でも構わないと思います。もしかしたら洗剤と柔軟剤の相性があるかもしれないので、お家の洗剤がぬいぐるみを洗うのに適しているかを確認しましょう。


柔軟剤 (大事!)



ハミング

柔軟剤は花王さんの「ハミングNeo」を使いましょう!違う柔軟剤を使用していた時はごわごわになり、ハミングNeoが良いと聞いて、これに変えたら一発でふわふわになりました!赤ちゃんの衣類にも使えると書いてありますし、ぬいぐるみの洗濯の柔軟剤は、これが一番お勧めです。


お風呂の入れ方(手洗い)


私が行っているぬいぐるみの手洗い方法を紹介します。個人が行っていることで、このやり方が正しいとは限らないので参考までにお願いします。

1. お湯の入った大きめの桶に、ぬいぐるみを入れる。

2. キャップのメモリに合わせて、洗剤を入れる。

3. 軽く押しながら、もみ洗いをする。

4. 泡がなくなるまで、三回ほどゆすぐ。

5. 桶にお湯を張り、柔軟剤(ハミングNeo)をキャップのメモリに合わせて入れる。

6. しばし待つ…。

7. 洗濯機に入れ、手洗い用の脱水を行う (60秒以内で、水が滴らない程度)

8. タオルの上に置いて、日陰干しでよく乾かす。



まとめ


最初は毛足がけぱけぱかな?と思うのですが、なでていく内に本来のふかふかさが取り戻されます。手洗いをせずに、洗濯機を使う場合でもハミングNeoは有効だと思います。
ふかふかになる柔軟剤を、ぜひぜひ試してみてください(*^^*)



本日のぬいぐるみの元気の出るお言葉
「汚れてしまったのは愛情の証。お風呂に入ってさっぱりして、もっともっと一緒に遊ぼうね!」



  🍃スポンサードリンク🍃
このエントリーをはてなブックマークに追加





コメントする

名前
 
  絵文字